新しい設備はやっぱりイイ

先日、リフォームを終えたばかりの叔母の家に行ってきました。

綺麗になったと叔母は大喜びなのですが、リフォーム前と、家具や飾り付けが全く同じのため、「リフォームしたばかり」という印象は、実のところあまり受けませんでした(苦笑)。

ただ、キッチンやお風呂といったところの設備は非常によくなっていました。

キッチンの扉は、ゆっくり閉まるよう(手などをはさんだりする心配がなく、音も静か)になっていましたし、お風呂も暖房や乾燥機能つきとのこと。
うらやましいです!

一方の我が家は築15年程度。
リフォームは一度もしていません。
それなりに、当時(約15年前において)最先端の機能を持った設備を選んだはずですが、今の最先端と比べるとずいぶんと違いますね。

ここ最近の「家の設備機能」の進化には本当に驚きました。

初めてのスケート

今日、子供たちとスケートリンクに行きました。
子供たちは初めてのスケート体験。
フィギュアスケートをテレビで見ていて、一度滑ってみたいと
前から言っていたので、行ってみることにしたのです。

入場料が、大人1500円!!にまずびっくりしました。
貸し靴代400円と合わせて2000円近くも払いましたよ。
子供も貸し靴込みで1000円しました。
結構高いんですね。

スケートリンクに入ると、さむ~い!!
リンクは広くて、ひんやりしていました。

靴を履くのに、まず一苦労。。。
親の私も学生時代以来10年以上ぶりのスケート靴なので、よくわかりません。
普通の靴のサイズのものを履こうとすると、「痛い痛い!!」と言われ。
大きいのに変えて履かせましたが、リンクに出ると監視員の人に注意を
受けました。

結局普通の靴のサイズで良かったのです。しっかり緩めて履けば、入りました。

前置きが長くなりましたが、滑りの程度は・・・
小一時間で、ヘリにつかまらなくても歩けるようになり、
二時間後にはそれらしくすべれるようにまで!!!

子供の上達は早いですね。

一方私はというと・・・
なんとか歩けて、すこし滑ってるかな~っていう感じまではいけました。

また滑りに行きたいです。子供たちもまた行きたい!とのことでした。
河井大志